動画像検出・認識連携システム専用 画像管理サイト
世界に拡がった画像・映像資源の検索・管理・認識の一次・二次利用システム
HOME 概要 構成 書籍 お問い合わせ 個人情報保護について Dlive! マイページ

Web版Mixfry (動画像検出・認識ビューアー) のご利用方法

「Web版Mixfry」 を利用するにはJavaランタイム、JavaMediaFramework(JMF)のインストールが必要です。
インストール済の方はこちらから ⇒ Web版Mixfryを体験しよう!
まだインストールがお済でない方は、下記をお読みの上インストールしてご利用ください。

概 要
Web版Mixfry画像
拡大画像を見る
本ソフトはDragonFry(動画像検出・認識連携システム)を利用するためのビューアーソフトです。
本ソフトを利用するとWebカメラの接続を行い、映し出された映像情報から様々な画像処理解析を行い、解析結果を表示します。
現在はデモ用として物体検出機能と肌色検出機能をサンプル表示いたします。
今後様々な画像処理技術を搭載してまいりますのでご期待ください。 また、本サービスに紹介したい技術などございましたら是非ご連絡をお願い申し上げます。
お問い合わせ先は >>こちら
 
注意事項
本ソフトウエアをご利用していただく場合、以下で説明するソフトウエアのインストールが必要になります。 これらのソフトウエアにつきましてはご利用者自身の責任においてインストールを行ってください。 本ソフトウエアならびにインストールするソフトウエアによって引き起こす不具合や障害においては、一切弊社では責任を負いませんので、予めご了承の上ご利用願います。

利用手順
下記の手順で環境を設定し、利用願います。
(1) USBカメラの接続を行う。
(2) Javaランタイムのインストールを行う。
(3) JavaMediaFramework(JMF)のインストールを行う。
(4) JMFの設定を行う。
(5) Web版Mixfryにアクセスする。
(1) USBカメラの接続を行う。
  1. USBカメラの付属ドライバソフトをコンピューターにインストールします。
    お手持ちのUSBカメラのマニュアルに従い、インストールしてください。
    すでにインストール済みの場合はこの作業は必要ありません。
  2. USBカメラを接続して、カメラが使用可能であることを確認します。
    (カメラ付属のビューワー等で確認してください。)
(2) Javaランタイムのインストールを行う。
  1. SunMicrosystemsのダウンロードサイト http://www.java.com/ja/download/にアクセスします。
  2. Javaランタイムをインストールします。(H20.7月15日現在の最新はVersion6Update7)
    無料Javaのダウンロードボタン をクリックするとインストールが開始します。
  3. 下図1のインストールを許可するウィンドウが表示されるので、「インストールする」をクリックします。
    その後、表示されるウィンドウの指示に従いインストールしてください。
    インストールの許可ウィンドウ
    [ 図 1 インストールの許可 ]
    お使いのコンピューターによってはアクセス許可が聞かれる場合がありますので各環境やシステム管理者様にご確認の上、自己責任において行ってください。
  4. インストール完了後、サイト画面に表示されるインストール検出ツールを使用して、正常にインストールされたかを確認してください。
Javaランタイムをバージョンアップした場合は、JavaMediaFramework(JMF)を再度インストールしなおしてください。
(3) JavaMediaFramework(JMF)のインストールを行う。
  1. SunMicrosystemsのダウンロードサイト http://java.sun.com/javase/technologies/desktop/media/jmf/2.1.1/download.htmlにアクセスします。
  2. インストールソフトウェアをダウンロードします。
    1. JMFダウンロードボタン をクリックすると、ダウンロードサイトへジャンプします。
    2. 「Platform」を選択します。右のプルダウンメニューよりOSの種類を選択してください。
    3. 「I agree to the Software License Agreement」の左にあるチェックボックスをクリックしてチェックを入れ、「Continue」をクリックします。
    4. 「Required Files」の"Windows Performance Pack"の左チェックボックスをクリックしてチェックを入れます。そして、「Download Selected with Sun Download Manager」ボタンをクリックします。ダウンロードを開始します。
      (この手順では、オンラインインストーラファイルをダウンロードします。オフラインのインストールファイルをダウンロードする場合は、"Windows Performance Pack"の記述の下にある、実行ファイル名「〜.exe」のリンク部分をクリックしてください。)
  3. ダウンロード完了後、ファイルを開くとダウンロードアプリケーションが起動します。(図2参照)
    ダウンロードアプリケーションウィンドウ
    [ 図 2 ダウンロードアプリケーション ]
  4. FileNameに"jmf〜windows-i586.exe"があることを確認して、スタートボタン ボタンをクリックします。
    インストーラファイルがダウンロードされます。
  5. インストーラファイル"jmf〜windows-i586.exe"がダウンロードされたら、インストーラファイルを開き、インストールを開始してください。
    後は、インストーラの手順に沿ってインストールを行ないます。
(4) JMFの設定を行う。
  1. JMFのインストールが完了したら[スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[Java Media Framework〜]より[JMF Registry]をクリックします。
    JMF Registryアプリケーションが起動します。(図3参照)
    JMF Registryウィンドウ
    [ 図 3 JMF Registry ]
  2. アプリケーション起動後、[Capture Devices]タブをクリックしてください。(図4参照)
    CaptureDevicesウィンドウ
    [ 図 4 CaptureDevicesウィンドウ ]
  3. [Capture Devices]の項目欄に"vfw:Microsoft WDM Image Capture (Win32):0"と表示されているかを確認してください。
    表示されていなければ、下の[Detect Capture Devices]ボタンをクリックして、デバイスの検出を行なってください。検出には数分かかることがあります。(検出されない場合はドライバがインストールできていないか、ご利用のカメラが対応していない可能性があります。)
  4. デバイス検出後、ウィンドウ中央の[Commit]ボタンをクリックしてください。
  5. JMF Registryアプリケーションを終了します。
(5) Web版MixFryにアクセスする。

利用方法
(1) 接続するカメラを選択してください。
(2) カメラ接続ボタンを押してカメラに接続してください。
(3) 画像解析を行う。
  • 物体解析を行います。
    現在は形状検出モジュールのデモ表示を行います。
  • 顔・人物解析を行います。
    現在は肌色検出モジュールのデモ表示を行います。
  • 文字解析を行います。
    現在は未サポートです。
  • 環境解析を行います。
    現在は未サポートです。
解析ボタンを押すとドラゴンフライサーバーにアクセスします。
解析ボタンを切り替えると一旦サーバーとのアクセスを切断し再接続します。そのため、若干時間がかかる場合があります。
また、切り替え時にメッセージが表示される場合がありますのでメッセージ内容を確認してから選択してください。
(4) キャプチャーする。
映像表示中の動画を静止画でキャプチャーする事ができます。
(5) 解析数や検出、認識を選ぶ。
画像解析する数を単体(一つ)もしくは複数を選択することができます。
また、画像解析を「検出」にするか「認識」とするか選択する事ができます。
  • 単体(一つ)のみの検出は「単体検知」を選択してください。
  • 単体(一つ)のみの認識は「単体認識」を選択してください。
  • 複数の検出は「複数検知」を選択してください。
    複数の検出は時間がかかるため、検出できない確率が高くなりますので予めご了承願います。
(6) カメラを切断する。
終了する場合はカメラを切断してください。

お問い合わせ先
問い合わせにつきましてはお問い合わせフォームにご記入いただき送信願います。
尚、混み合う場合は返信が遅れる場合がございますので予めご了承願います。
お問い合わせフォームは >>こちら

前のページへ戻る ページTOPへ
運営:株式会社VRテクノセンター     
(C) Copyright 2006.VR Techno center,Inc. All rights reserved.